FC2ブログ


現在の閲覧者数: クリック!ご協力お願いします→
06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2019.04.18 (Thu)

5月が旬の果物

 柑橘類やイチゴがメインの4月までと比べ、だいぶ顔触れの違う5月。特にメロンがたくさん出てきます。また国産サクランボの早生種が高値で取引されるニュースが流れ、青梅、小梅、ビワ、甘夏も美味しい時期です。

※参考
旬の食材百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/Vegetable-top.html

▶メロン
キンショウメロン
ホームラン
エリザベスメロン
プリンスメロン
パパイヤメロン
イバラキング
アムスメロン
クインシーメロン
アンデスメロン

▶果実物
さくらんぼ
ビワ
ゴールデンキウイ
青ウメ・小梅

▶柑橘類
サンフルーツ
甘夏みかん
ナツミカン
カラマンダリン
セミノール
グレープフルーツ
ナツミ

▶南国のフルーツ
タイマンゴー
国産マンゴー
沖縄産パイナップル
台湾産完熟パイン
ライチ
マンゴスチン
ドリアン

 間もなく即位の礼、元号が変わりますね。個人的に最近あまり食べる機会がないプリンスメロンという名前の由来は、天皇陛下や皇太子殿下とは無関係なのだそうです。

 最近はカフェの期間限定スイーツやアイスクリーム、かき氷に使われるフルーツで季節の移り変わりを感じることも多いし、楽しみですね。


スポンサーサイト
15:02  |  つぶやき  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2019.04.17 (Wed)

5月が旬の野菜

 初夏というと山菜のシーズン、山菜を口にする機会が増えます。数年前、時期的にはもう少し後ですが、長野の湯田中温泉で、解禁直後の「根曲がり竹」を堪能したことを思い出しました。

※参考
旬の食材百科

▶山菜
ワラビ
ゼンマイ
コゴミ
フキ
ヨモギ

山うど
タラの芽
コシアブラ
ウコギ
あずきな(ナンテンハギ)
行者にんにく
イタドリ
ウルイ
ハマボウフウ 

▶主に葉を食べる野菜
春キャベツ
チンゲンサイ
三つ葉
アグレッティ
おかひじき
山東菜
トウミョウ
サラダ菜
ニラ
あしたば
クレソン
しろ菜
じゅんさい

▶主に茎を食べる野菜
フェンネル
国産ニンニクの芽
グリーンアスパラガス

▶根菜
新じゃがいも
新ごぼう
ナガイモ
ラッキョウ

▶さや豆などの野菜
ウスイエンドウ
スナップエンドウ
キヌサヤエンドウ
ソラマメ
グリーンピース

▶果実を食べる野菜
シロウリ
加賀太きゅうり
トマト
ヤングコーン
さや大根

▶輸入野菜
アスパラソバージュ
シーアスパラガス
ノパール

 「フェンネル」は、南ヨーロッパ原産のするセリ科の野菜です。ハーブだそうですが、生でサラダに使ったり、煮込んでスープに使ったりするそうです。先端のパセリのような細かい葉っぱ部分は、素揚げにしてビールのおつまみにもできます。香りが強いので、好き嫌いは分かれるでしょうけれどね。

 「アスパラソバージュ」はフレンチやイタリアンで使われる、日本では珍しい春野菜です。細いアスパラかツクシのような見た目。柔らかく癖もなく、美味しいです。早春の短い期間にしか採れないそうですから、出会えたらラッキーですね。
 
 だいぶ春らしい野菜が出揃うこの時期。お店を覗くだけでも楽しそうです。


14:26  |  つぶやき  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2019.04.13 (Sat)

スペシャル中華メニュー2

かつては実家の八百屋「味菜屋」のお得意様で、現在もたまに出前でお世話になっている中華料理店さんが、健康を意識する私のために、またまたスペシャルメニューを作ってくれました。

 前回は「麺なし野菜たっぷりタンメン定食」でしたが、今回は…


20190413213035a66.jpg



「肉野菜炒め定食」!!…って、意外と普通(笑) ですが味つけはかなり薄め。豚肉も少なめでほとんどが野菜です。つまりカロリーをさほど気にせずお腹いっぱい食べられる、とっても有り難い肉野菜炒め定食なのです。ちなみに肉と野菜で500g!ライスは180gでした(参考:日高屋の並ライスが推定220g)。私の計算では両方で770~780kcalでしょうか?

 味も薄めながら、しっかり中華料理店の野菜炒めです。豚肉が入ることでカロリーは増えますが、豚肉といえば糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を含む食材。豚肉も入ってよいのです。

 またまた私のお気に入り出前メニューが、ひとつ増えました。工夫次第で中華料理も立派な健康食になるんですね。

21:31  |  地域情報(大田区)  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2019.04.12 (Fri)

神代桜と桃のシロップ漬け

 今週、父が仲間と山梨県の神代桜を見に行ったそうです。神代桜といえば「日本三大桜」のひとつです。

 そしてそのお土産がこちら。

20190412093448eb3.jpg


「桃のシロップ漬け」。近くの露店で購入したそうです。数年前には、この桃のシロップ漬けを売る、以前父と同じ商店街で営業していた八百屋の主人と遭遇したこともあり、何となく毎回買っているそうです。

 相当甘いですが、新鮮な桃の美味しさをそのまま閉じ込めたような、毎年買う価値のある山梨土産です。

09:36  |  地域情報(大田区以外)  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2019.04.10 (Wed)

6年前に対面していた新一万円札の顔

 ご存じの通り、2024年度上期をめどに1万円札、5千円札、千円札の紙幣が刷新されることになりました。

 新しいお札の顔は1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎となりますが、私は最初にこのニュースを聞いた時、思わず(渋沢栄一って誰?)と考えてしまいました。

 しかしその後の報道を見て、実はその偉人とは既に出会っていたことを思い出しました。

「花と野菜の町・深谷」

2013年のゴールデンウィーク、アップルゴーヤの苗を買いに行った「深谷花フェスタ」というイベントで、初めて深谷を訪れたのでした。その時に深谷駅周辺もしっかりチェックしており、レンガ造りの駅舎、花でできたふっかちゃん、そして葱坊主に囲まれた地元出身で“日本資本主義の父”・渋沢栄一の銅像とも初対面。

20190409113844354.jpg


ネギと渋沢栄一は深谷では別格の町の誇りなんだな、と感じたのでした。


00:00  |  地域情報(大田区以外)  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2019.04.09 (Tue)

食と野菜ソムリエの日

 本日4月9日は、「食と野菜ソムリエの日」です。野菜や果物のある豊かな食生活を提起する日として、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会(現:一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会)が制定。「し(4)ょく(9)」(食)の語呂合わせからこの日になりました。

 野菜ソムリエ資格は2001年スタートですから、今年で19年目。これからもますます食文化の発展に関われるよう、精進したいですね。

 
10:10  |  野菜ソムリエ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2019.04.07 (Sun)

白の日

 昨日、4月6日は「白の日」でした。4(し)6(ろ) の語呂合わせですね。

 ここでいう「白」は、本来「美白」のことですが、私は広く「白野菜」を積極的に楽しむ日、と考えています。

 白野菜はたくさんありますが、旬のものでは、新タマネギ、ウド、ホワイトアスパラガスなどですね。私はサラダに新タマネギのオニオンスライスを加えました。白野菜を食べると身体の中が洗われるような気がします。

08:37  |  つぶやき  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2019.04.06 (Sat)

2019初筍

201904060911123d2.jpg



 夕飯に筍の味噌汁。この春初筍めす。しかもスーパーで買ったのではなく、この日の朝採ったばかりの新鮮な筍なので、鮮度が違いました。

 筍を食べると、春が来た実感、今年も春を迎えられた満足感、これでいつ夏が来ても思い残すことはないという決意(?)、色々なことを感じます。

 昔も今も、大好きな野菜です。

09:06  |  山菜・野草  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2019.04.04 (Thu)

565g

 1人当たりの野菜の推奨摂取量は、1日350g(うち緑黄色野菜120g)ですが、昨日の私はそれを遥かに超える量の野菜を摂取しました。

・キャベツの千切り135g
・茹でブロッコリー180g
・茹でモヤシ250g
・その他(ナス、レンコン、豆類など)
合計565g+α
(うち緑黄色野菜180g)

キャベツは生で手作りドレッシングで、ブロッコリーとモヤシは茹で、ブロッコリーにはマヨネーズ、モヤシはいりこだしのスープに。その他の野菜は、野菜重にのっていた素揚げした野菜です。

 まぁ意識して野菜を摂るよう心掛けているからなのですが、野菜大好きな私でも1日でこれだけの量は久しぶりでした。

 もちろん他に主食や主菜も食べましたが、野菜から食べ進めると主食や主菜に箸をつける前に満腹になりつつあるため、ダイエットには効果的かもしれませんね。それでいてお腹は苦しくなく、食後すぐに活動できそう。

 でも健康維持にはきちんと肉や魚のタンパク質、炭水化物も摂りましょう。


20:08  |  つぶやき  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2019.04.02 (Tue)

牛丼は健康食?

 私にとって牛丼といえば、“定食も充実”の松屋か、“トッピングが豊富”なすき家でした。しかし近所に吉野家がオープンして以来、すっかり吉野家贔屓になりました。時間がない時や安く済ませたい時に便利ですからね。

 ところで牛丼というと、ハンバーガーやホットドッグと同様、ジャンクフード扱いされることがあります。その一方「牛丼は健康食」と主張する栄養士もテレビで見かけます。実際どうなんでしょう?

 健康維持、ダイエット、その他目的により違うと思いますが、カロリーと食塩相当量を特に気にする私は十分アリ。

・たまに食べる
・野菜サラダも併せる
・量は並盛未満

ならよいと思います。その理由は

・主食(米=炭水化物)・主菜(牛肉=たんぱく質)・副菜(野菜サラダ=ビタミン、食物繊維など)が揃っている
・適度な脂身つきで、カロリーはそう高くない
・ご飯は多過ぎるので、小盛か並盛(ご飯1/4残し)が適量(総カロリー約600kcal未満)
・食塩相当量(牛丼のみ)は、小盛1.2g、並盛2.7gで、1日8gを上限とする私でも問題なし。ちなみに日高屋の代表的メニューには、1食で8gオーバーのものも。

 もちろん毎日食べるのは避け、栄養のバランスを考え魚も卵も大豆も食べる。これらに注意すれば、私は健康的と言えると思います。

 ところで先日、私は初めて「牛丼小盛」を注文しました。


2019040209313969d.jpg



丼というよりも、大きめのご飯茶碗という感じの器でした。野菜サラダ、味噌汁のAセットで税込490円。548kcal(和風醤油ドレッシングの場合)。今の私には特に物足りなさも感じない適量でした。

09:37  |  つぶやき  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>